ゴリラクリニックのヒゲ脱毛は痛いの? | ゴリラ脱毛分析サイト

ゴリラクリニックのヒゲ脱毛は痛いの? | ゴリラ脱毛分析サイト

ゴリラクリニックのヒゲ脱毛は痛いの? | ゴリラ脱毛分析サイト

 

ヒゲ脱毛に挑戦する場合、最も気になるポイントの1つが「痛み」だと思います。
そこで、当ページでは、

 

「ヒゲ脱毛はどれくらい痛いのか?」
「ヒゲ脱毛の痛みを感じやすい人の特徴は?」
「ヒゲ脱毛の痛みを感じやすい人の特徴は?」
「ゴリラクリニックのヒゲ脱毛はあまり痛くない?」

 

といった気になる疑問について、解説します。

 

 

 

 

1: ヒゲ脱毛はどれくらい痛いのか?

 

最初に、ヒゲ脱毛の痛みについて率直にお答えしたいと思います。

 

ヒゲ脱毛はやっぱり痛い!

管理人はゴリラクリニックでヒゲ脱毛を計12回経験したのですが、長年コンプレックスと
なっていたヒゲの青みも99%解消され、今では快適な生活を送っています。
その経験を踏まえて率直にお答えしますと、ヒゲ脱毛はやっぱり痛いです。

 

この脱毛の「痛み」の事実については、ゴリラクリニックもホームページで明言しています。

 

 

また、管理人がチェックしているゴールデンボンバーのボーカル鬼龍院翔さんが
運営しているブログでも、ヒゲ脱毛の痛みについて正直に告白されています。

 

 

ブログ中で、「手持ち花火を押し付けられる感じ」というピッタリな表現を
していますが、医療レーザー脱毛の痛みは「熱い&痛い」です。

 

ヒゲ脱毛が痛い原因は?

「ヒゲ脱毛でなんでそんなに痛いのか?」といった疑問を持つ方もいると思いますが、
その理由は主に次の通りです。

 

<ヒゲ脱毛が痛い理由>

  • ヒゲは毛の1本1本が太いため
  • 顔は皮下脂肪が薄く刺激を感じやすい
  • 男性は敏感肌の方が多いため

 

ヒゲは毛の1本1本が太いため

ヒゲは人体の毛が生える部位の中でも、最も毛が太い部位の1つと言われています。
脱毛の痛みは毛根の太さに比例しますので、他の部位よりも当然痛みは強くなります

 

顔は皮下脂肪が薄く刺激を感じやすい

顔の皮膚は、腕や足などの皮膚に比べると皮下脂肪があまりついておらず、外部からの
刺激を受けやすくなっています。腕や足がカミソリを当ててもあまりキズつきませんが、
顔は髭剃りでカミソリ負けしてしまうのでは、この皮下脂肪の厚さが関係しています。
ヒゲ脱毛時は、レーザーの刺激によって痛みを感じやすくなっています。

 

男性は敏感肌の方が多いため

脱毛の痛みは、肌の状態に大きく影響されます。特に、敏感肌の場合、皮膚が刺激を
受けやすくなっていますので、レーザー照射時に痛みを感じやすくなります。
世の男性の半数以上は敏感肌というデータもありますので、敏感肌やアトピー肌の
男性は、脱毛に適した肌状態をキープすることが重要となります。

 

ヒゲは部位によって痛みが異なる!?

 

ひと口にヒゲ脱毛と言っても部位が細かく分類されており、脱毛時の痛みも
部位によって大きく左右されます。

 

ちなみに、ヒゲ脱毛で特に痛みを感じやすい部位は次の3つです。

 

第1位:鼻下

鼻下は、顔の中でも最も毛が集中して生えており、毛の1本1本も太くなっています。
その為、脱毛時の痛みは強くなっています。但し、鼻下はヒゲ脱毛で最も人気の高い
部位でもありますので、おそらくヒゲ脱毛希望者殆どが脱毛するのではないでしょうか。
ですから、笑気麻酔をうまく活用したり、痛みの少ないレーザー機器を選択することで
できる限り快適に脱毛するように努めましょう。

 

第2位:口下

口下からアゴにかけてのラインは、鼻下同様に毛が密集している部位でもあるため
痛みは強くなります。多くのメンズ脱毛クリニックでは、口下は鼻下とセットプランを
組んでいますので、可能であればまとめて脱毛することを推奨します。

 

第3位:フェイスライン

顎先から輪郭に沿って耳までのラインをフェイスラインと呼びます。フェイスラインは
顔の中でも皮下脂肪が少ない部位なので、痛みも感じやすくなります。
青ヒゲなど顔の広範囲にヒゲが生えている男性は、フェイスラインの脱毛をする方も
多くなっています。

2: ヒゲ脱毛の痛みは脱毛法によって異なる?

 

ヒゲ脱毛を行う方法としては、大きく3つあります。
それぞれで、ヒゲ脱毛時の痛みは異なりますのでご紹介したいと思います。

 

<脱毛の痛さ>

フラッシュ脱毛 レーザー脱毛 ニードル脱毛
痛みが少ない 痛い 痛が大きい
ゴムパッチン程度 花火を押し付ける感じ 麻酔必須

 

フラッシュ脱毛

女性の永久脱毛でおなじみなのが、サロンで行うフラッシュ脱毛です。
クリニックで行う医療レーザー脱毛よりも肌への負担が軽い為、
肌が弱い方でも安心して脱毛することができます。脱毛時の痛みも
軽く、麻酔処置をしなくても問題ありません。

 

レーザー脱毛

ゴリラクリニックや湘南美容外科など、脱毛クリニックで一般的に採用されているのが
医療レーザー脱毛です。レーザー脱毛は高出力レーザーによって毛根を焼き切るので
肌への負担が比較的大きく、痛みを伴うものとなっています。
通常は、麻酔処置を行うことで脱毛の痛みを軽減させます。

 

ニードル脱毛

一昔前まで主流であったのが電気と針で脱毛を行うニードル脱毛です。
確実な脱毛効果が見込める反面、かなりの痛みを伴い肌への負担も大きい点が
ネックとなっています。加えて時間がかかり、費用も膨大になりますので、ここ最近は
レーザー脱毛やフラッシュ脱毛で満足できない方が、補助的に受けるパターンが
多いようです。

3: ヒゲ脱毛の痛みを感じやすい人の特徴は?

 

ヒゲ脱毛の痛みは、脱毛法以外にも体質的な要素が関係してきます。
それら痛みに繋がる体質的要素をここではご紹介します。

 

<痛みを感じやすい人の体質>

  • 日焼けしている
  • 肌がカサカサ
  • 毛の量が多い

 

日焼けしている

日焼は軽度の火傷を負っている状態であるため、肌がとても敏感になっています。
その為、基本的に日焼け状態の場合はレーザー脱毛やフラッシュ脱毛を行わない
ケースが多いと言えます。また、仮に日焼け状態で脱毛を受けることができたとしても
脱毛効果は半減してしまいますので、留意する必要があります。

 

肌がカサカサ

乾燥肌はレーザー脱毛との相性がよくありません。肌が乾燥しているとレーザーによる
刺激がダイレクトに伝わり、火傷や毛嚢炎になるリスクが格段に高まります。一方で
肌がキチンと保湿されており水分に富んでいると、レーザーの刺激を吸収してくれるので
火傷や毛嚢炎になるリスクも低下します。脱毛を始めるにあたっては、保湿ケアをしっかり
行うことが必要であることに注意しましょう。

 

毛の量が多い

毛の量が多いということは。毛の密集具合も高くレーザーの威力が分散されます。
レーザーが分散されると、毛根だけでなく肌にもレーザー光が当たってしまいやすくなり
痛みを感じやすくなります。ただ脱毛施術前には、シェーバーなどで簡単に毛を剃り、
まばらな状態で脱毛するため、実際はそこまで心配はいりません。

4: ゴリラクリニックのヒゲ脱毛はあまり痛くない?

 

管理人もヒゲ脱毛でお世話になったゴリラクリニックでは、最新のレーザー脱毛器を
全店舗に導入しており、「脱毛時の痛みが少ない!」ということで人気を博しています。

 

ここでは、その最新のレーザー脱毛器と痛みの関係についてご紹介します。

 

メディオスターはレーザー脱毛の革命器!

 

「レーザー脱毛は痛い!」というのがこれまでの常識でしたが、ドイツの脱毛器メーカーが
開発したメディオスター(シリーズ)の登場によって、その常識も変わりつつあります。

 

>>(関連ページ)ゴリラクリニックはメディオスターが強み?

 

メディオスターは、従来の「毛を焼き切る」というメカニズムではなく、毛の発毛因子である
バルジ領域を破壊することで永久脱毛を実現させるレーザー脱毛器です。
また、登場してから数年程しか経っていない為、エビデンスが少ないのが弱点ですが、
確実に施術実績を重ねており、多くの利用者に好評を得ています。
(ちなみに管理人もメディオスターでヒゲ脱毛した1人です。)

 

メディオスターは肌への負担も軽く、高い脱毛効果がある為、通常のレーザー脱毛器
よりも短期間で脱毛が完了する点も強みと言えます。まだ、メディオスターを採用している
クリニックは、ゴリラクリニックや湘南美容外科などの大手クリニックに限定されますが、
試す価値は非常に大きいと言えます。

5: まとめ

 

いかがでしょうか。

 

「レーザー脱毛は痛い!」という思いが先行して脱毛に踏み切れないのであれば、
それは勿体ないと思いますし、心配のし過ぎです。確かに痛みはゼロではありませんが
痛みを理由として途中解約する人は殆どいませんので、安心してよいでしょう。

 

もし心配であるのであれば、お試し体験(トライアル)で事前にレーザー脱毛の痛みを
確認し、問題なさそうであれば本契約するようにしておけば安心です。


ホーム RSS購読 サイトマップ