メンズ脱毛の人気部位トップ5は? | ゴリラ脱毛分析サイト

メンズ脱毛の人気部位トップ5は? | ゴリラ脱毛分析サイト

メンズ脱毛の人気部位ってどこ?

 

メンズ脱毛を検討する上で、「他の人はどの部分を脱毛してるんだろう?」って
地味に気になりますよね。

 

そこで、当ページでは、

 

「メンズ脱毛で人気部位トップ5は?」
「メンズ脱毛で痛い部位トップ3は?」
「メンズ脱毛の年齢層トップ3は?」

 

といった気になる疑問について、丁寧に解説したいと思います。

 

 

 

 

 

1: メンズ脱毛で人気部位トップ5は?

 

メンズ脱毛の人気部位トップ5は、次の通りです。

 

<メンズ脱毛人気部位トップ5>

  • 1位:ヒゲ
  • 2位:胸毛
  • 3位:VIO
  • 4位:腹毛(ギャランドゥ)
  • 5位:すね毛

 

1位:ヒゲ


男性の脱毛部位No.1は「ヒゲ」です。ヒゲは、見た目の印象を最も左右する部分でもある為、
ある意味自然なのかもしれません。髭が濃いとシェービングの手間だけでなく、刃で肌表面に
細かい傷が付きますので肌荒れの原因にもなりますし、敏感肌やアトピー肌の方にとっては
ヒゲ剃りは苦痛以外の何者でもないので、ヒゲ脱毛のメリットは想像以上に大きいです。

 

ヒゲは、鼻下・口下・顎・頬と範囲ごとに脱毛範囲が分かれているケースが通常なのですが、
顔面は皮下脂肪が薄い部分でもある為、基本的にどの範囲も痛みを強く感じやすいです。
医療レーザー脱毛であれば約半年〜1年、フラッシュ脱毛であれば約1年半〜3年ほど
かかりますので、計画的に脱毛することをオススメします。

 

2位:胸毛


男性の脱毛部位No.2は「胸毛」です。胸毛も、ヒゲと同様に見た目の印象に大きく影響する
部位であるため、脱毛を希望する方は多いようです。夏場などは、Vネックシャツなど胸元が
大きく開いている服を着ると目立ちますし、プールや海に行くときに、やはり羞恥心を感じて
しまう男性は多いのではないでしょうか。また、男性の毛に関する女性のアンケートでは、
「胸毛はNG」と答えている女性が80%以上にも上り、女性と交際する上でもデメリットに
なりやすい部位でもあります。

 

胸毛は髭に比べると脱毛期間は短くても済みます。もし、夏場までに胸毛の永久脱毛を
行いたい場合は、おそくとも前年の秋頃には施術を始めておきたいところです。脱毛中は
肌が敏感になりますので、日焼けを避ける必要があります。

 

3位:VIO

男性の脱毛部位No.2は「VIO」です。VIOとはいわゆるデリケートゾーンですね。
最近では、く男性も陰毛や尻毛などの永久脱毛をする方が急増しているようです。
特に、尻毛や肛門周りの毛は、排便時に便と絡まって不衛生だけでなく肌荒れを
招くことも多いので、脱毛するメリットはとても大きいと言えるでしょう。

 

一昔前から、海外では陰毛部分の永久脱毛(パイパン)はスタンダードとなっており、
特に欧州のスポーツ選手は、殆どの方がパイパンという話もあります。陰毛部分は
汗が溜まりやすく、かゆみを誘発することが多いので、汗を大量にかくスポーツ選手
にとってはパフォーマンスを上げるうえでも必須なのだと思われます。

 

4位:腹毛(ギャランドゥ含む)

腹毛やギャランドゥも、胸毛同様に見た目に大きく影響を与える部位と言えます。
女性が男性に脱毛してほしい部位ランキングでも、上位に食い込んでいますので、
女性にとって印象は良くないということです。また、へそ下の毛(ギャランドゥ)も
不潔な印象を与えがちですので、腹毛と共に脱毛するとベターかもしれません。

 

腹毛は胸毛とセットで脱毛する男性が多く、上半身セット料金のプランを提示
している店舗も多いようです。腹毛や胸毛は、髭に比べると範囲が広いので、
照射範囲の狭い医療レーザー脱毛よりも、照射範囲の広いフラッシュ脱毛で
施術してしまったほうが、リーズナブルで済みます。

 

5位:腕毛、すね毛


腕と足の毛も、上半身の脱毛に続いて人気のある部位です。夏場にTシャツや
ハーフパンツを履くときに、毛の処理にうんざりしている男性も多いのではないでしょうか。
特に、腕毛は人目につきやすい部位でもあり、また肌が触れ合ってしまうこともある為
できればツルっとした清潔な状態に保っておきたいものです。

 

腕や足の脱毛は、ヒゲやVIOの脱毛に比べると痛みがだいぶ少なく楽です。
というのも、腕や足は皮下脂肪が厚く、痛みを感じにくい部分でもある為です。
こちらも医療レーザー脱毛よりは、照射範囲の広いフラッシュ脱毛で効率的に
脱毛してしまった方が、料金的には安く済みます。

2: メンズ脱毛で痛い部位トップ3は?

 

メンズ脱毛で痛みの強い部位トップ3は次の通りです。

 

第1位:Oライン(尻毛)

尻毛・肛門周りの毛は、全身の中でも、特に強い痛みを感じる方が多いです。お尻の毛を自分で抜いた経験のある方は分かるかと思いますが、涙が出そうになります。ただ、尻毛は、衛星面のメリットが非常に大きい為、永久脱毛する価値は大いにあります。脱毛法としては、尻毛は範囲が広いので、医療レーザー脱毛よりも照射範囲が広く、かつ痛みの少ないフラッシュ脱毛がオススメです。

 

 

第2位:Iライン(男性器周りの毛)

睾丸や股下などの陰毛部分も、脱毛は強い痛みを伴います。男性器周りの肌は他の部位よりも黒ずんでおり形がいびつである為、レーザーの熱が分散され施術が最も難しいポイントとも言えます。その為、脱毛技術の高く男性のベテラン店員が担当することが多いようです。

 

 

 

第3位:Vライン(ビキニラインの毛)

尻毛や陰毛程ではないですが、Vラインの痛みもソコソコ強いと言えます。Vラインは、女性が水着を着ると目立つ部分でもある為、施術希望者は女性の方が圧倒的に多いと言えます。

 

3: メンズ脱毛の年齢層トップ3は?

 

メンズ脱毛の年齢層トップ3は次の通りです。

 

第1位:20代

**画像**
年齢層第1位は20代でした。特に、20代前半の脱毛希望者が圧倒的に多いようです。
10代からヒゲや体毛にコンプレックスを持っており、成人し金銭的にも余裕ができた為、
脱毛する男性が多いようです。特に、胸毛や腹毛といった部位の毛が濃いと、プールや海
温泉といったレジャーにも二の足を踏んでしまう方も少なからずいらっしゃいます。
(海外ですと、適度な胸毛・腹毛はセクシーとされますが日本では少数派ですし)
20代は人生の中でもプライベートが輝く時期でもあるので、体毛をスッキリと脱毛して、
日常を充実させたい男性が多いのではないかと思われます。

 

第2位:30代

**画像**
年齢層第2位は30代でした。30代男性の脱毛理由としては、仕事に行く前のヒゲ剃りの
煩わしさの解消や、カミソリ負けによる肌荒れを解決したいといったケースが多いようです。
営業をされている男性は見た目も重要となることも多いので、肌が綺麗であるとそれだけで
大きなメリットになります。また、日本国内の企業では、ヒゲを伸ばすことに厳しい会社も
依然多く、髭の濃い薄いにかかわらず毎朝剃るということが暗黙のルールとされているので

 

第3位:40代

**画像**
年齢層第3位は40代でした。意外かもしれませんが、40代以降でも脱毛を行う男性は
多いんですね。というのも、ひと昔前までは、男性向けの脱毛ショップがまだ充実しておらず
男性が永久脱毛するのは少数派だった為です。ですが、ここ数年でメンズ脱毛ショップが
劇的に増えて脱毛技術も向上した為、脱毛すること決断する方も多いようです。
40代で永久脱毛を希望する男性の中には、現在独身で婚活に向けて見た目を向上
させたいから、といった理由の方もいるようです。晩婚化が進む日本で、意外な脱毛需要が
あるところも興味深いですね。

 

4: まとめ

 

いかがでしょうか。

 

男性の場合、女性とは毛が濃くなる部分が異なるため、人気部位も異なってきます。
脱毛は見た目の印象を良くするだけでなく、肌荒れや衛星面でのメリットも得られるので
お金と時間に余裕があるのであれば、色々な部位を脱毛することをオススメします。


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOPページへ ゴリラ脱毛の疑問一覧