メンズ脱毛に副作用やリスクはあるのか? | ゴリラ脱毛分析サイト

メンズ脱毛に副作用やリスクはあるのか? | ゴリラ脱毛分析サイト

メンズ脱毛の副作用やリスクってどうなの?

 

メンズ脱毛を検討する上で、リスクや副作用って気になりますよね。
そこで、当ページでは、

 

「メンズ脱毛のリスクって?」
「メンズ脱毛でよく見られる副作用って?」
「メンズ脱毛後のこんな心配はどうする?」

 

といった気になる疑問について、丁寧に解説したいと思います。

 

 

 

 

 

1: メンズ脱毛のリスクって?

 

脱毛技術の向上や、脱毛器の性能がアップしたことで、一昔前に比べるとだいぶ安全に
脱毛を行えるようになりました。とは言え、現在の主流となっているニードル(針)脱毛、
医療レーザー脱毛、フラッシュ脱毛、それぞれにリスクが全くない訳ではなりません。

 

まずは、それぞれの脱毛法のリスクについてご紹介します。

 

ニードル(針)脱毛のリスク

ニードル(針)脱毛では、毛穴1つ1つに対し、特殊な針で電気を流して脱毛します。
一昔前から存在する脱毛法で、脱毛効果が高いため現在でも採用されています。
しかし、ニードル脱毛の代表的なリスクが、電気処理による「火傷」です。

 

ニードル脱毛では、毛穴に電気を流す際に火傷を引き起こすケースがあり、
加えて電気によって肌(毛穴)へ強い負担をかけるため、かなりの痛みを伴います。
医療機関で行うニードル脱毛であれば、麻酔によって痛みを和らげることも可能ですが
メンズエステサロンで行う場合、麻酔処置ができません。

 

医療レーザー脱毛のリスク

医療レーザー脱毛は、クリニックや皮膚科など医療機関のみで認められている脱毛法です。
毛のメラニン色素に反応する特殊なレーザーを使用して毛細胞のみを焼く為、ニードル脱毛
ほどは、痛みや火傷リスクはありません。笑気麻酔や麻酔クリームによる処置も可能です。

 

ただし、稀に産毛が硬質化や多毛化するといったケースがあります。医療レーザー脱毛は
剛毛には高い脱毛効果を発揮しますが、メラニン色素の薄い産毛には効果が薄いため、
逆にレーザーによる刺激を与える為です。

 

フラッシュ(光)脱毛のリスク

ここ数年で人気を得てきているフラッシュ脱毛は、医療レーザー脱毛と同様に特殊な
レーザーを照射して、毛細胞を焼く脱毛法です。医療レーザー脱毛よりもレーザーの
照射出力が低いため、痛みや火傷リスクは更に低く、安全性はNo.1と言えます。

 

但し、脱毛効果は低くなるので、施術回数がかさんでしまうというデメリットがあります。
根気強くメンズエステに通い続ける必要がある為、短期間で脱毛を済ませたい人には
あまり向かないかもしれません。

 

3つの脱毛法の共通リスク

上記3つの脱毛法に共通して言えることは、「毛が二度と生えなくなる」ということです。
脱毛効果のスピードに差はありますが、最終的にはどの脱毛法でも毛は無くなります。
ですから、脱毛部位に本当に毛が生えてこなくても問題ないかよく考える必要があります。

 

特に男性の場合、ヒゲやモミアゲを永久脱毛した後に、「やっぱり少し生やしたい!」と
クリニックに相談に来る方も少数いるようです。しかし、永久脱毛では毛細胞を完全に
破壊してしまいますので、復活させることは基本的にできません。

2: メンズ脱毛でよく見られる副作用って?

 

男性の人気脱毛箇所1位の「ヒゲ」ですが、ヒゲは脱毛部位の中では最も
副作用が起こりやすく、かつ症状が目立ちますので注意が必要です。

 

ここでは、ヒゲ脱毛後によく見られる症状をご紹介します。

 

<ヒゲによく見られる副作用>

  • 毛嚢炎(もうのうえん)
  • 炎症・火傷
  • 痕がのこる

 

毛嚢炎(もうのうえん)

脱毛を行った部位に、ニキビのような赤いブツブツができる症状です。毛嚢炎の原因は、
毛穴に菌が入り込んで膿んでしまう為です。ヒゲは毎日カミソリで剃る部分でもある為、
小さな傷が無数にあり、菌が入り込みやすい環境でもあります。また、肌が乾燥すると
肌を保護するバリア機能が低下し、毛根が傷つきやすくなります。

 

毛嚢炎を防ぐためには、菌が繁殖しないように肌を清潔にすることが第一なので、
エタノールを含む化粧水や保水液などで肌をケアするようにしましょう。また、乾燥肌と
ならないように、消毒後は保湿クリームなどで、肌に潤いを与えることも大切です。

 

炎症・火傷

レーザー照射による脱毛では毛根を焼く為、毛穴部分が軽い火傷・炎症を引き起こす
ケースは割とよくあります。患部は熱を帯びており刺激に敏感になってますので、いち早く
肌を鎮静する為にも冷やすことが大切です。

 

保冷剤や氷を直接当てても問題ありませんが、冷たすぎる場合はタオルに包んで患部に
あてがうのもよいでしょう。また、毛嚢炎と同様に保湿クリームをたっぷりと塗り、潤いを
与えるようにしましょう。ヒリヒリ感が数日たっても引かない場合は、店舗に相談しましょう。

 

痕がのこる

レーザー脱毛では脱毛器の照射口を肌に押し当てますので、その形が残ることが稀に
あります。この場合、肌のある部分だけ痕が残るといったケースが大半で、数日経つと
自然に痕もなくなることが多いようです。但し、痛みを感じる場合はすぐに店舗に相談
するようにしてください。メールで問い合わせが可能な場合は、症状の写真を添付する
ことをオススメします。

3: メンズ脱毛後のこんな心配はどうする?

 

メンズ脱毛を受けるにあたって、副作用以外にも「こんな時どうしよう・・・」といった
よくある心配事とその対処法についてご紹介しておきます。

 

<脱毛後によくある心配事>

  • 脱毛後に黒いブツブツが残った
  • 脱毛後に毛がなかなか抜けない
  • 次の脱毛タイミングが分からない

 

脱毛後に黒いブツブツが残った

通常、レーザーで焼いた毛は膨張してポロッと抜け落ちるのですが、時折毛穴に
残ってしまうケースがあります。火傷や毛嚢炎のように肌への悪影響はありませんが
見た目がカッコ悪い為、気になる人は多いようです。

 

対処法としては特に何もしないことです。通常は、脱毛後1週間も経つころには
自然と抜け落ちてしまう場合が殆どです。気になるからといって間違っても毛抜きで
抜いたりすることは厳禁です。毛穴に菌が入って炎症を起こしたり毛周期が乱れて
しまう原因にもなります。気になる場合は、湯舟につかって肌が柔らかくなった状態で
スクラブをすると良いでしょう。

 

脱毛後に毛がなかなか抜けない

脱毛した毛は施術直後に抜けるのではなく、2〜3週間後にゆっくりと抜け落ちます。
脱毛後3週間を経過しても抜け落ちる兆しがない場合は、レーザーの出力が弱かったり
当て漏れが考えられます。通常は、レーザー照射を行った毛の80%が抜けていれば
脱毛効果としては及第点と言えます。

 

脱毛のスピードには個人差がある為、1回の施術で効果を判断するのは難しいですが、
もし複数回施術を受けても効果がない場合は、店舗に相談して再施術してもらうか
もしくは途中解約して別のお店で脱毛するという手が考えられます。

 

次の脱毛タイミングが分からない

クリニック・メンズエステへの来院タイミングは、毛の生え具合によって決めます。
毛の伸びるスピードには個人差がありますが、おおよそ6割以上新しい毛が
生え揃ってきたら来院するのが一般的です。また、脱毛が進むほど毛の伸びる
スピードは遅くなってきますので、来院間隔は伸びてきます。

 

来院タイミングについては、通っているクリニックやサロンで次回来院の目安を
教えてくれる場合は大半ですので、自分で厳しく管理する必要はありません。
ただ、来院タイミングは毛周期に沿って決めていますので、毛を抜いたり除毛
をして毛周期を乱すことのないよう注意しましょう。

4: まとめ

 

いかがでしょうか。

 

メンズ脱毛のリスクや副作用は、事前に知っておけば適切な対処ができます。
もちろん店舗でのカウンセリング時にも詳しい説明があるはずですが、
当サイトを通じて少しでも知っておいて頂ければ幸いです。


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOPページへ ゴリラ脱毛の疑問一覧