メンズ脱毛は肌が弱い男性でもOK? | ゴリラ脱毛分析サイト

メンズ脱毛は肌が弱い男性でもOK? | ゴリラ脱毛分析サイト

メンズ脱毛は敏感肌・アトピー肌の男性でもOK?

 

メンズ脱毛を検討する上で、「肌が弱くても脱毛できる?」といった疑問を持つ男性も
多くいるのではないでしょうか。当サイト管理人も敏感肌でしたので、その気持ちは
とても理解できます。

 

そこで、当ページでは、

 

「メンズ脱毛って敏感肌の人でも大丈夫?」
「メンズ脱毛が敏感肌の人でも安全な理由は?」
「メンズ脱毛中に気を付けたい肌ケアとは?」

 

といった気になる疑問について、丁寧に解説したいと思います。

 

 

 

 

 

1: メンズ脱毛は敏感肌の人でも大丈夫?

 

敏感肌やアトピー肌の人の中には、「脱毛すると肌がボロボロになりそうで怖い」
といった印象を持っている人もいるようですが、それは完全に誤った認識です。
肌の弱い方であっても、脱毛(レーザー脱毛・フラッシュ脱毛)を受けられます。

 

参考までに、皮膚科・美容外科の勤務医約300名が所属する日本医学脱毛協会の
アトピー肌やアレルギー体質に対する「レーザー脱毛」の見解を一部抜粋しておきます。

 

今のところ、アトピーやアレルギーが悪化したという例はありません。

引用:知っておきたい永久脱毛Q&A|レーザー脱毛編(日本医学脱毛協会)

 

<注意!>
ただし、敏感肌やアトピー肌により炎症や色素沈着などの症状が見られる場合、
レーザーによる処置ができないケースがあります。このような症状の場合は、
まず専門の医療機関で肌の状態について相談・改善する必要があります。

 

ヒゲ脱毛で実感した肌のメリット

 

管理人は、ヒゲと胸毛の2か所について脱毛を行いました。
管理人の脱毛経験から言わせて頂くと、「敏感肌の人こそ脱毛すべき!」
と声高に主張したいです。

 

管理人が、ヒゲ脱毛で特に実感したメリットをご紹介しておきます。

 

<ヒゲ脱毛で実感したメリット>

  • 深剃り不要で肌荒れが無くなる
  • 肌の青みがとれて清潔感が出る
  • 朝の時間が10分以上増える

 

深剃り不要で肌荒れが無くなる

敏感肌の男性は、ヒゲ剃りによって肌荒れを引き起こしてしまうケースがよくあります。
カミソリで何度も肌表面を剃ってしまうと、肌表面を覆う角質や皮脂膜を必要以上に
取り除いてしまい、肌のバリア機能を低下させます。いわゆる「カミソリ負け」ですね。
しかし、ヒゲを脱毛することによって毛が細くなり、必要以上に深剃りすることもなくなり、
肌の健康状態を保つことができ、肌荒れも起こりにくくなります。

 

肌の青みがとれて清潔感が出る

「青髭」は、切断されたヒゲの断面が、皮膚を通して透けて見える状態のことです。
肌が白く剛毛であるほど髭の青みは目立つ傾向にあり、朝キッチリと深剃りしても、
夕方には皮膚内部で髭が伸びはじめ、肌が青く見えてきます。しかし、ヒゲ脱毛
によって毛根が細くると、しだいに肌の青みも取れてきて清潔感が出てきます。

 

朝の時間が10分以上増える

毎朝ヒゲ剃りに費やしていた時間が大幅に節約できるようになります。毛が細く
薄くなれば、カミソリを使用しなくても電気シェーバーでも十分綺麗になります。
また、髭の濃い方は、夕方に2度目の髭剃りをする場合もあるかもしれません。
そういった髭剃りに費やしていた時間と手間が無くなるのは、かなりプラスです。

2: メンズ脱毛が敏感肌の人でも安全な理由は?

 

メンズ脱毛が、敏感肌やアトピー肌の人にとっても「安全・安心」と言われるのには
キチンとした理由があります。

 

レーザーはメラニン色素に反応する

医療レーザー脱毛やフラッシュ脱毛で使用されているレーザーは、メラニン色素という
毛根に含まれる黒い色素に反応して、熱で毛母細胞を焼いていきます。その為、
肌に直接負担をかける訳ではない為、敏感肌であっても施術が可能です。

 

もちろん、全く肌に負担がかからないという訳ではありませんが、施術中は肌を冷却
することで炎症を防止し、施術後には保湿クリームで肌のケアを行いますので、
敏感肌そのものが原因でトラブルが起こる可能性は低いと言えます。

 

ニードル脱毛をオススメしない理由

ただし、ニードル(針)脱毛は、敏感肌やアトピー肌の方にはおすすめしません。
ニードル(針)脱毛は、特殊な針を使用して毛穴に電流を流し、毛根1本1本を
熱処理で破壊する脱毛法です。脱毛効果は、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛に
比べて極めて高いと言えますが、かなりの痛みを伴い毛穴に直接働きかけるので
肌への負担が大きいのが最大のネックです。

 

ニードル脱毛は、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛で取りきれなかった白髪や産毛を
処置するパターンが多いので、まずはレーザー脱毛またはフラッシュ脱毛を中心に
検討すると良いでしょう。

 

パッチテストで肌に合うか確かめる

どのメンズクリニック・メンズサロンであっても、初回はカウンセリングがあります。
その時に、敏感肌であることを説明し、症例実績やどういったケア・対策を
行っているのか訊くとよいでしょう。要望があればパッチテスト(お試し脱毛)を
行ってくれますので、痛みや肌の状態をチェックすることをオススメします。

3: メンズ脱毛中に気を付けたい肌ケアとは?

 

肌が弱い人は、脱毛を受けるにあたってスキンケアには気を付けましょう。
特に、施術前後に実践したいポイントをご紹介します。

 

<施術前に気を付けたいこと>

  • 日焼けをしない
  • 肌を保湿する
  • 毛を抜かない
  • カフェイン・アルコールを控える
  • 予防接種・抗生物質は控える

 

日焼けをしない

レーザー脱毛を行う期間中は日焼けは避けましょう。肌が日焼けしている状態ですと、
レーザー照射時に強く痛みを感じる上、脱毛効果も半減します。その為、夏場など
日差しが強い時期は、日焼け止めクリームを塗ったり長袖を着るなど対策を行います。

 

肌を保湿する

肌の保湿具合は、脱毛効果や痛みに影響してきます。保湿されている肌は水分を
含んでおり弾力性に富んでいる為レーザー照射の効果が高く、痛みを感じにくくなります。
逆に、乾燥したカサカサ肌は痛みが強くなる上に火傷のリスクが高まるなど、肌への負担が
より一層かかってきます。施術予定日に向けて、しっかりと肌を保湿するようにしましょう。

 

毛を抜かない

毛を抜く行為は、敏感肌に刺激を与えてしまいます。また、毛周期も乱れてしまう為、
せっかく成長期に差しかかった毛の脱毛タイミングを逃してしまいます。また、毛抜き同様に
クリームでの除毛やブリーチも肌に負担をかけますので脱毛中は控えるようにしましょう。

 

カフェイン・アルコールを控える

コーヒーやお茶に含まれるカフェインや、アルコール飲料は肌神経の状態を過敏にします。
その為、施術前日はカフェイン・アルコールは控えるようにしましょう。

 

予防接種・抗生物質は控える

施術2週間前以内に、予防接種などの予定は入れないようにしましょう。予防接種後は、
体調を崩し肌荒れを招きやすくなります。また、湿布などの抗生物質も肌を過敏にさせる為、
脱毛直前には控えておきましょう。

 

 

<施術後に気を付けたいこと>

  • 患部を冷やす
  • 患部を保湿する
  • 患部を温めない

 

患部を冷やす

施術後は、患部が熱を帯びてますので、冷たいタオルや氷嚢を当てて冷やしましょう。
肌を冷却することによって、肌が鎮静し、ヒリヒリを抑えて回復を早めることができます。

 

患部を保湿する

冷やすと同時に保湿クリームでしっかりと潤いを与えましょう。施術後の肌は言うなれば
軽いやけど状態となっていますので、しっかりと保湿してあげることで、炎症を防ぎます。

 

患部を温めない

施術当日は入浴は控えてシャワーで済ましましょう。その際、患部はあまり擦らずに、
ササッと洗い流す程度で十分です。

4: メンズ脱毛店はクリニック・サロンどちらを選ぶ?

 

敏感肌やアトピー肌の人は、クリニックとサロンどちらを選ぶべきでしょうか?
ここでは、脱毛店の選び方の参考例をご紹介します。

 

クリニックのメリット

クリニックの医療レーザー脱毛は、れっきとした医療行為なので、施術を担当できるのは
美容外科医や皮膚科医の先生のみとなっています。医療レーザー脱毛は脱毛効果が
大きい反面、それなりの痛みを伴う為、麻酔処置がほぼ必須となります。

 

クリニックの最大のメリットは、施術中に肌トラブルが起こったとしても、医療機関なので
軟膏や鎮静剤などのクスリを処方してくれる点にあります。それ故、エステサロンと比べて
火傷リスクは多少高くなりますが、アフターケアがあるため安心して施術を受けられます。

 

エステサロンのメリット

エステサロンのフラッシュ脱毛は、通常はエステティシャンが担当することになります。
フラッシュ脱毛は、レーザーの照射出力を抑えているため、レーザー脱毛ほど脱毛効果は
高くありませんが、麻酔なしで処置できる手軽さがあります。

 

エステサロンの最大のメリットは、火傷リスクが低く、痛みが軽いという点にあります。
施術期間はレーザー脱毛よりも長引いてしまいますが、安全かつ着実に脱毛できるので
肌トラブルを極力起こしたくない人にはオススメです。

 

管理人はどちらを選んだのか?

私は敏感肌かつ剛毛という体質で、当初はクリニックでのレーザー脱毛を予定していました。
しかし、パッチテストでのレーザー脱毛体験(麻酔あり)でその痛さに衝撃を受けてしまい、
「この痛みをあと5回以上も受けるのは無理っ!!」となってしまい断念しました。
その後、エステサロンのフラッシュ脱毛に切り替えて足茂く通った結果、満足のゆく状態まで
脱毛することができました。

 

エステサロンは医療機関ではない為、軟膏や鎮静剤などの処方することができず、当初は
心配していましたが、キチンと施術後のケアも行ってくれたおかげで、何事もなく全施術を
終えることができました。

5: まとめ

 

いかがでしょうか。

 

毎朝の髭剃りは肌にダメージを蓄積するだけなので、できる限り減毛することで、
肌本来のバリア機能を保ち、肌の状態を良い方向に向かわせることができます。

 

敏感肌やアトピー肌の男性こそ、髭剃りによる肌への負担を避ける為にも、
メンズ脱毛を検討することをオススメします。


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOPページへ ゴリラ脱毛の疑問一覧