メンズ脱毛の痛みって本当はどんな感じか? | ゴリラ脱毛分析サイト

メンズ脱毛の痛みって本当はどんな感じか? | ゴリラ脱毛分析サイト

メンズ脱毛の痛みって実際のところどうなの?

 

メンズ脱毛を受ける上で、費用と同様に気になるのが「痛み」についてです。
一昔前は、「脱毛 =かな 痛い」というイメージがありましたが、そのイメージも
少しずつ変わってきています。

 

そこで、当ページでは、

 

「メンズ脱毛の痛みってどれくらい?」
「メンズ脱毛で痛みを感じやすい部位は?」
「メンズ脱毛で痛みを感じやすい人の特徴は?」

 

といった気になる疑問について、丁寧に解説したいと思います。

 

 

 

 

 

1: メンズ脱毛はどれくらい痛いのか?

 

「メンズ脱毛は痛いのか?」という素朴な疑問ですが、
ヒゲと胸毛の2か所の脱毛を行った管理人が率直にお答えすると、「痛い!」です。

 

但し、痛いと言えど、クリニックの医療レーザー脱毛とエステサロンのフラッシュ脱毛では
痛みのレベルが2段階ほど異なってくるという事実を先に申し上げておきます。
管理人の場合、レーザー脱毛が痛すぎて「これ5回以上も続けるの無理だわ・・・」となり、
フラッシュ(光)脱毛に切り替えました。結果、今ではヒゲも胸毛もツルッとなりました。

 

詳しくは、脱毛体験記に記録していますので、そちらをご参照ください!

 

>> ゴリラクリニックでレーザー脱毛のお試し体験
>> LINX(リンクス)でヒゲ&胸毛の脱毛体験

 

さて、メンズ脱毛は「どれくらい痛いのか?」といった点が気になるかと思います。
レーザー脱毛、フラッシュ脱毛、ニードル脱毛それぞれご説明します。

 

レーザー脱毛の痛み

レーザー脱毛の痛みについて、カウンセリングでは「ゴムをはじいた程度」
という表現をよく用いるらしいですが、正直そんな程度ではありません!
(個人差があるらしいですが、ゴムパッチンよりは確実に痛いです!)

 

ゴールデンボンバーの鬼龍院翔さんもレーザー脱毛を受けていたそうですが、
その時の表現が秀逸だったので、一部ご紹介しておきたいと思います。

 

 

「手持ち花火を押し付ける感じ」という表現を使っていますが、まさにこの通りです!
レーザー脱毛は熱で毛母細胞を焼くので、「痛い」と「熱い」が同時にやってきます。
まさに、手持ち花火のバチバチッっといた火の粉を、断続的に受けるイメージです。

 

レーザー脱毛の施術では、8割以上の方が笑気麻酔(ガスタイプ)や麻酔クリームを
別途購入して、痛みを和らげる処置をほどこします。麻酔を行わないと、生理反応で
痛みを感じた瞬間に飛び上がってしまい危険なので、ある意味当然だと思います。

 

ちなみに、管理人は笑気麻酔を行いつつ脱毛に望みましたが、ダメでした・・・。
麻酔の効果にも個人差があり、よく効く人とあまり効かない人に分かれるようです。

 

フラッシュ脱毛の痛み

レーザー脱毛が痛すぎて断念した人や、肌が弱い人はフラッシュ脱毛がお勧めです。
管理人の経験からも、フラッシュ脱毛の方が「輪ゴムではじく程度」という表現に近いです。
その為、基本的に麻酔処置も不要ですし、火傷や肌荒れなどのリスクも低くなります。

 

フラッシュ脱毛は一昔前までは、医療レーザー脱毛に比べて照射出力が低くくなる為、
脱毛効果が低いと言われていましたが、現在は「メディオスター」をなど最新の脱毛機が
開発され、レーザー脱毛にも引けを取らない脱毛効果を得られるようになりました。

 

ニードル脱毛の痛み

ニードル脱毛は、針を通して毛穴に電流を流し、毛を1本ずつ脱毛する方法です。
高い脱毛効果を得られる反面、時間と費用がかかり、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛に
比べても相当の痛みを伴います。

 

通常は、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛で使用されるレーザー機器で対応できないような
産毛・白髪などの脱毛を行う場合に、ニードル脱毛を受けるケースが多いようです。

 

結局どの脱毛もそれなりに痛い!

結局は、どの脱毛法を選んだとしても、それなりの痛みは伴うということです。
ですから、レーザー脱毛のように麻酔処置で痛みを紛らわせるか、フラッシュ脱毛のように
痛みの軽い施術法を選ぶかは、個人の好みによるところが大きいと言えます。

2: メンズ脱毛で痛みを感じやすい部位は?

 

メンズ脱毛で、痛みの感じやすさは部位によって異なります。
その理由は「皮下脂肪の厚さ」が関係しており、お腹や太ももなど皮下脂肪の厚い部位は
痛みを感じにくくなっています。反面、ヒゲや手など脂肪が少ない部分は痛みを感じやすい
傾向にあります。

 

ちなみに、あるクリニックの利用者アンケートで、痛い部位ベスト3に挙げられたのは
下記3つの部位となっています。

 

<第1位:Oライン(尻毛)>
尻毛・肛門周りの脱毛は、見た目だけでなく衛生面の観点からも人気が高い部位です。ただ、尻毛を毛抜きで抜いたことがある人はご存知かと思われますが、非常に痛みが強いです。また、尻毛は範囲も広いため、照射範囲の広いフラッシュ脱毛で施術する人が多いようです。

 

 

<第2位:Iライン(男性器周りの毛)>
男性器周辺は黒ずみがある為、レーザーが黒い色に反応し、他の部位よりも痛みを伴います。この部分については、施術担当者のスキルによっても痛みが変わってくる為、ベテランスタッフが担当するケースが多いようです。

 

 

 

 

<第3位:Vライン(ビキニラインの毛)>
ビキニラインの毛は、OラインやIラインに比べると黒ずみも少ないため、痛みの比較的軽めです。ちなみにVラインの脱毛は、上記2つの部位とセットで受けられる人が多いとのことです。

 

 

3: メンズ脱毛で痛みを避けるならエステサロン一択?

 

管理人のように、クリニックでレーザー脱毛のパッチテストを受けて「こりゃ無理だ・・」と
思われた方や、痛みに弱い方はメンズサロンでのフラッシュ脱毛をお勧めします。

 

フラッシュ脱毛機器も進化している!

施術時の痛みが軽く、麻酔を使わずに済む点がフラッシュ脱毛の最大のメリットです。
ただ、「その分脱毛効果も低くなってしまうのでは・・」と感じる人もいるかと思います。

 

確かに、ひと昔前までは、永久脱毛するならレーザー脱毛といった風潮がありましたが、
現在はメンズサロンで使用されているフラッシュ脱毛機器も格段に進化し、痛みを抑え、
かつ高い脱毛効果を得られるようになりました。

 

中でも、代表的な最新脱毛機器の「イノベーション」を例としてご説明します。

 

イノベーションっていったい何?

 

「イノベーション」は、管理人もお世話になった人気のメンズ脱毛サロンのLINX(リンクス)と
脱毛機器メーカーが医師監修のもと共同開発した最新式のフラッシュ脱毛機器です。
従来のフラッシュ脱毛機器よりも脱毛効果が高く、かつ痛みが少ないのが最大の特徴で、
肌が敏感な人でも安心して施術を受けることができます。

 

痛みに敏感ならフラッシュ脱毛!

 

上記のように、高性能のフラッシュ脱毛機器も登場した為、エステサロンであっても
しっかりと脱毛効果を得ることができます。ただ、それでも高出力の医療レーザー脱毛に
比べてしまうと、脱毛効果は多少劣るため通院回数は必然的に多くなります。
痛み(安全性)と脱毛効果はトレードオフの関係であることは覚えておきましょう。

 

4: メンズ脱毛で痛みを感じやすい人の特徴は?

 

メンズ脱毛では、痛みを感じやすい人・感じにくい人には特徴があります。
まずは、それぞれの特徴をまとめてみましたのでご覧ください。

 

特徴 痛みを感じやすい人 痛みを感じにくい人
肌の色 日焼けしている・色黒 日焼けしてない・色白
肌の状態 乾燥している 潤っている
毛の量 密集している まばら

 

肌の色

日焼けをしている・色黒の人は、レーザー照射時に痛みを感じやすくなります。
というのも、レーザー脱毛・フラッシュ脱毛で使用するレーザーはメラニン色素(黒色)に
反応して毛母細胞を焼きます。その為、肌が黒いとレーザーの熱量が分散して、肌に
ピリピリとした痛みを感じやすくなります。一方、日焼けをしていない人・色白の人は
レーザーが毛に集中する為、肌への負担が少なくて済みます。

 

肌の状態

肌がカサカサに乾燥している人は肌の弾力がなくなる為、痛みを吸収しにくくなり、
痛みを感じやすくなります。また、火傷などのリスクも高くなる為、場合によっては
レーザー施術ができない場合があります。一方、肌が潤っている人は、肌に弾力が
あり、痛みを吸収することができますし、火傷リスクも低くなります。

 

毛の量

毛が濃く密集している部位は、レーザーがメラニン色素(黒色)に強く反応する為
その分痛みを伴います。ヒゲやワキ毛などの、毛が濃く密集している部分は、特に
痛みを感じやすくなります。一方、毛がまばらに生えている部位は、比較的痛みは
軽くなる傾向にあります。

 

痛みの感じ方には個人差あり!

上記のように、肌や毛の状態によって脱毛時の痛みが変わってきますが、同じ部位でも
痛みの感じ方には個人差があることも事実です。麻酔処置をしなくても痛みを感じにくい
人もいれば、麻酔処置を施していても痛みを強く感じる人もいます。自分が脱毛の痛みに
耐えられるかチェックする場合は、カウンセリング後のパッチテストを受けましょう。

5: メンズ脱毛の痛みを軽減させる為のケアは?

 

医療レーザー脱毛では、笑気麻酔(ガス)や麻酔クリームで痛み軽減を、
フラッシュ脱毛では、脱毛機器に付随している冷却装置で痛み軽減を行います。
加えて、自分でできる痛み緩和対策もありますのでご紹介しておきます。

 

施術前

 

脱毛施術前には、次のようなことを心掛けることを推奨します。

 

  • カフェインを控える
  • カフェインは神経を活性化し、痛みを増長させます。当日コーヒーは控えます。

  • アルコールを控える
  • カフェイン同様アルコールも神経を過敏にし、痛み増長の原因となります。

  • 十分な睡眠をとる
  • 睡眠を十分に取るとホルモン分泌が促され、肌の状態が良くなります。

 

施術後

 

脱毛施術後には、次のようなことを心掛けることを推奨します。

 

  • 脱毛部位をいじらない
  • 患部は擦ったり掻いたりしないよう注意。気になる場合は、スタッフに相談を。

  • 脱毛部位を冷やす
  • 炎症防止の為、患部を冷やします。当日、入浴は控えシャワーで済ませましょう。

  • 処方された薬を塗る
  • 軟膏など処方された医薬品がある場合、しっかりと患部に塗るようにしましょう。

 

日頃から気を付けておきたい事

 

脱毛施術の前後だけでなく、脱毛期間中は日頃から気を付けたいこともあります。
脱毛期間を短くすることにも繋がりますので、ぜひ実践してみてください!

 

  • 日焼けしない
  • 日焼けした肌は軽度の火傷状態となっている為、刺激に敏感です。日焼け状態で脱毛を受けると、レーザーが肌黒さに反応して痛みを強めるだけでなく、脱毛効果も落ちるため、通院回数を余計に増やしてしまいます。ですから、夏場など日差しが強い季節は、日焼け止めクリームを日常的に塗るように心掛けましょう。

  • 肌が潤った状態にする
  • 肌の潤いも、脱毛効果と痛みに影響してきます。肌が潤っており弾力性があるほど、脱毛効果は高くなり痛みも少なくなりますので、ぜひ日頃から保湿クリームなどで肌に潤いを与えるように心掛けましょう。

  • 毛は抜かない
  • 脱毛を始めたら、毛抜きで毛を抜くことはやめましょう。毛周期のサイクルが乱れ、脱毛期間を余計に長引かせてしまいます。もし日常的に毛の処理をしたい場合は、シェービングのみにとどめておきましょう。

6: まとめ

 

いかがでしょうか。
メンズ脱毛を受ける場合、レーザー脱毛・フラッシュ脱毛どちらを選んだとしても
ある程度の痛みがあることに変わりありません!

 

どちらの脱毛法を選ぶかは、パッチテストで痛み具合を知った上で決めるのが
無難ですので、まずは実績の多いメンズ脱毛店でカウンセリングを受けてみましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOPページへ ゴリラ脱毛の疑問一覧