男のムダ毛が濃くなる原因とは!?

男のムダ毛が濃くなる原因とは!?

男のムダ毛が濃くなる原因ベスト3は!?

 

体毛の濃さには、遺伝や体質だけでなく「ホルモンバランス」が大きく関係しています。
このホルモンバランスが崩れると、濃く太い毛が急に生えてくるケースもあります。
そこで、当ページでは、

 

「ホルモンバランスの崩れがムダ毛が濃くなる原因?」
「ホルモンバランスが崩れる生活習慣とは?」
「ムダ毛が濃くなることを防ぐ為の対策は?」

 

といった点について、詳しく解説したいと思います。

 

 

 

 

1: ホルモンバランスがムダ毛が濃くなる原因?

 

ホルモンバランンスが崩れるとムダ毛が濃くなりやすいのは事実えす。
ちなみにホルモンには、「男性ホルモン」と「女性ホルモン」の2種類がありますが、
体毛の濃さには男性ホルモンが大きく関係してきます。

 

男性ホルモンがムダ毛の濃さに影響する

男性ホルモンは、毛の発毛に関わる「テストステロン」という成分を分泌します。
テストステロンは毛の量や濃さを決める重要な役割を担っており、テストステロンが
多く分泌されると毛の発育がより促進されます。

 

男性の場合、思春期を過ぎた頃にテストステロンの分泌が活発になりますが、
加齢だけでなく生活習慣などの外部的要因によっても分泌量が変動します。
ムダ毛を薄くしたい場合は、まずはこの「テストステロン」の過剰分泌を抑えることが
非常に重要になってきます。

 

女性ホルモンはムダ毛の抑制に貢献する

男性の身体には、男性ホルモンだけでなく女性ホルモンも存在します。
女性ホルモンはムダ毛を抑制をするだけでなく、肌の状態を整えたり発毛を促したりなど
多くのプラスの効果を持ちますが、男性の体には女性ほど多くは存在しません。

 

というのも、女性ホルモンの大部分は、脳の指令によって主に卵巣で生成される成分
である為です。その為、男性が女性ホルモンを摂取するには、女性ホルモンの元となる
食品を摂取するのが一般的です。

 

2: ホルモンバランスが崩れる生活習慣とは?

 

前述の通り、ムダ毛の濃さは男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが大きく影響します。
ここでは、それらのホルモンバランスが崩れる原因をご紹介したいと思います。

 

<ホルモンバランスが崩れる原因>

  • ストレス
  • 暴飲暴食
  • 寝不足
  • ダイエット
  • 喫煙
  • 運動不足

 

ストレス

仕事や人間関係などによって精神的疲労がたまると、自室神経のバランスが崩れると共にホルモンバランスが崩れ、濃い毛が生えてくるケースがあります。

 

暴飲暴食

高カロリー高脂質のファーストフードやカップラーメン、ビールや炭酸飲料などを摂取しすぎると、男性ホルモンの増加に繋がります。また、ステーキやチャーシュー等の動物性タンパク質と脂質を兼ね備えている食べ物も、同様に男性ホルモンの分泌を促しますので、取り過ぎは禁物です。

 

寝不足

十分な睡眠は、ホルモンバランスを保つためには重要です。睡眠は食生活と並び、人間の身体的疲労・精神的疲労を回復させるために必須の行為であると共に、毛の健全な成長にも重要な要素と言えます。

 

ダイエット

過剰なダイエットは、体力だけでなくホルモンバランスを崩す要因となります。

 

喫煙

タバコに含まれるニコチンやタールは、男性ホルモンの増加の原因となります。また、ムダ毛が濃くなるだけでなく、肌の老化やAGAを進行させる原因でもありますので、タバコは控えめにすることが大切です。

 

運動不足

適度な運動はホルモンバランスを正常に保つためには重要です。運動によって身体機能が向上すると、頭髪にも良い影響を与えますので、ぜひ取り入れたい習慣の1つです。

3: ムダ毛が濃くなることを防ぐ為の対策は?

 

ムダ毛が濃くなることを防ぐ為の対策としては、次のような対策が考えられます。

 

<ムダ毛が濃くなることを防ぐ為の対策>

  • 生活習慣を改善しホルモンバランスを保つ
  • 女性ホルモンを増加させる食品を摂取する
  • 永久脱毛してしまう

 

生活習慣を改善しホルモンバランスを保つ

ムダ毛が濃くなることを防ぐには、生活習慣を見直しホルモンバランスを正常に保つのが
最も手軽で効果的と言えます。取り組みやすい例としては、睡眠を十分に取ることは
ホルモンバランスを整えるには効果的です。22時〜深夜2時の4時間は、ホルモン分泌の
ゴールデンタイムと呼ばれており、最も体から成長ホルモンが分泌される時間帯です。
その為、日頃から早めに就寝し、朝は早く起きる習慣を付けることで、ムダ毛の抑制を
行えるだけでなく、肌や頭髪にもプラスの影響を与えることができます。

 

ストレスや運動不足は、日頃忙しい社会人にはコントロールすることが難しいですが、
睡眠であれば日頃の意識でコントロールしやすい為、ぜひ早く寝る習慣を付けることを
おすすめします。

 

女性ホルモンを増加させる食品を摂取する

女性ホルモンを増やすことで、男性ホルモンの活性を抑えムダ毛の発毛を防止します。
そのため、女性ホルモンを増加させる食べ物を日常的に摂取すると効果的です。
女性ホルモンを増やす食品としては、植物性タンパク質「イソフラボン」が多く含まれる
大豆や納豆等、豆乳などがおすすめです。「イソフラボン」は女性ホルモンと成分構成が
似ており、抑毛剤や保湿剤などにもよく配合されている有効成分です。

 

他にも、サンマやカツオなどの青座なに多く含まれる「DHA・EPA」もホルモンバランスを
整える成分と言われており、血液をサラサラにする効果もある為、頭髪の発毛にも有効
とされている嬉しい有効成分です。

 

永久脱毛してしまう

根本的な解決を望むのであれば、「永久脱毛」してしまうことをオススメします。
ここ数年でメンズ脱毛の需要が高まったことで、各店舗の価格競争が生じており
リーズナブルに脱毛することができるようになりました。特に、ヒゲ脱毛は男性の間でも
人気が高い部位なので、キャンペーンや回数無制限プランなどを利用すると、
格安の料金で脱毛できるようになりました。

 

かくいう管理人も、回数無制限プランを利用して、格安でヒゲ脱毛を行いました。

 

>>ゴリラクリニックの髭脱毛の効果はいかに!?(ヒゲ脱毛体験談)

4: 自己処理にも気を付ける!

 

ホルモンバランンスの崩れ以外にも、自己処理によって毛が濃くなるケースもあります。
というのも、自己処理による肌への刺激によって、肌の防衛本能が働く為です。

 

カミソリで深剃りしたり毛抜きで毛を抜くと、毛穴に刺激を与えてしまい皮膚の防衛反応
によって毛がこくなるケースがあります。というのは、皮膚にはもともとバリア機能があり、
紫外線や細菌などの有害物質から肌を守る役割を担っているため、肌へ刺激を与えて
しまうことで、防衛本能が働くためです。

 

ですから、毛を剃ったり抜いたりする場合は、次のような点に注意しましょう。

 

<自己処理する時の注意点>

  • 肌を十分に蒸らしておく
  • カミソリの往復回数は少なめに
  • 処理後は保湿ケアを十分に

 

肌を十分に蒸らして

カミソリで剃毛したり除毛クリームで除毛する場合は、肌を十分に蒸らしておきましょう。
毛が水分と熱を吸収することで毛穴が十分に開き、肌が刺激を吸収しやすくなるため
少ない刺激で十分な効果を得ることができます。蒸しタオルで肌を温めるのも良いですが
入浴のタイミングに処理してしまうのもオススメです。

 

カミソリの往復回数は少なめに

カミソリで剃毛する場合は、一度で深く剃ることのできる5枚刃カミソリ等を選びましょう。
カミソリは往復するればするほど、肌に小さな剃りキズをつけることになりますので、
できる限り往復回数を少なくすることが、肌を傷つけないコツです。
また、剃毛前にはシェービングクリームやジェルを毛穴に浸透させておき、毛を十分に
柔らかくしておくことも重要です。乾いた肌にカミソリを当てる「空剃り」は肌に大きな
負担をかける為、絶対にやめておきましょう。

 

処理後は保湿ケアを十分に

剃毛した後や除毛した後は肌が敏感になっていますので、乳液や美容液などを使用し
肌を十分に保湿するようにしましょう。保湿を十分に行っておくことで、肌が潤いを保ち
紫外線や細菌などの外部の刺激から肌を保護してくれます。

4: まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

日頃の生活習慣によってムダ毛が濃くなるのは意外だったのではないでしょうか。
ムダ毛の悩みから解放されるためには永久脱毛してしまうことがベストです。
そこそこの費用がかりますが、分割払いにも対応している店舗もありますので、
毎月の負担を軽くし計画的に脱毛することもできます。

 

当サイトでは、メンズ脱毛情報や体験談についても掲載していますので、
ぜひ今後の参考にしてみてください!


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOPページへ ゴリラ脱毛の疑問一覧