メンズ脱毛は産毛であっても対応できる? | ゴリラ脱毛分析サイト

メンズ脱毛は産毛であっても対応できる? | ゴリラ脱毛分析サイト

メンズ脱毛では産毛も脱毛できるのか?

 

せっかく脱毛するなら産毛もまとめて処理したいと考える方は多いと思います。
特に、背中や尻といった手が届きにくい部分は、頻繁に自己処理するのは
かなり面倒くさいので、脱毛することでかなりストレスが無くなります。

 

当ページでは、そこで

 

「産毛って脱毛できるの?」
「産毛を脱毛するにあたっての注意点は?」
「産毛を脱毛できるメンズ脱毛ショップは?」

 

といった疑問に対して、丁寧に解説したいと思います。

 

 

 

 

1: 産毛は脱毛できるのか?

 

まず、基本的な疑問として「産毛は脱毛できるのか?」といったことですが、
結論から申し上げると、「白髪も脱毛可能!」となっています。

 

ただ、産毛は普通の毛とは異なり、脱毛法が限定されます。
その為、どの脱毛法であれば産毛を脱毛できるかを知っておく必要があります。

 

レーザー脱毛&フラッシュ脱毛では産毛は対処できない

産毛は、通常の毛よりも細い毛から、モモに生えている微かな毛まで範囲は広いです。
ただ共通して言えることは、産毛はレーザー脱毛やフラッシュ脱毛などレーザー照射で
毛根を焼く脱毛法では対処できないということです。

 

というのも、この2つの脱毛法で使用するレーザーは、毛の黒い色素(メラニン色素)に
反応して熱処理を行う為、色素の薄い産毛に対しては効果が極めて低いためです。
特に、産毛よりも肌の色が黒い方は、レーザーが肌に反応する可能性が高いため、
火傷のリスクもより一層高まります。

 

ニードル(針)脱毛であれば産毛も対処可能

産毛を確実に脱毛したい場合は、通常ニードル(針)脱毛を選択します。
ニードル脱毛は、毛穴に小さな針を通し、電気を流すことで毛を焼く脱毛法です。
ニードル脱毛では、毛の色や太さに関係なく確実な脱毛が可能となっているので
レーザー脱毛やフラッシュ脱毛で対処できない場合は、こちらの方法で脱毛します。

 

但し、ニードル脱毛は費用がかかり痛みも強いため、施術前によく検討する必要が
あります。もし、敏感肌やアトピー肌など、肌が刺激に弱い体質の方は、脱毛による
肌トラブルが生じやすいため、施術担当医とカウンセリングで事前に相談しましょう。

 

産毛が太く成長するのを待つという選択

産毛は、年齢を重ねたり、外部の刺激で太く濃く成長するケースがあります。
その為、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛でその時に脱毛しきれなったとしても
数年後には脱毛できる状態となっている場合もあるので、あえて成長するのを
待つといった選択も考えられます。

2: 産毛を脱毛するメリットは?

 

産毛を脱毛することで得られるメリットについてご紹介したいと思います。

 

顔色が明るく見える

産毛を伸ばした状態と、カミソリで剃った後で比べると、明らかに顔色に差があります。
産毛が生えていると、肌が薄暗く見えてしまい、老けた印象を与えてしまいます。
産毛がなくなると、光が肌に反射するため顔色がワントーン明るく見えるようになります。

 

肌が綺麗に見える

産毛を脱毛すると、脱毛した部分の毛穴が引き締まります。その為、毛穴に細菌が
入って肌荒れすることも少なくなり、肌の状態が綺麗に保たれるようになります。
毛穴が開いていると肌荒れしやすく、デキモノが出やすく見た目の印象も良くないので
脱毛による毛穴引き締め効果は、男性・女性ともに大きなメリットと言えます。

 

化粧のノリが良くなる

最近は、女性だけでなく男性も軽く化粧をする方も増えてきました。産毛がないと、
ファンデーションのノリが格段に良くなり肌になじむ為、より自然な感じに見えます。

3: 産毛を脱毛する際の注意点は?

 

産毛を脱毛する場合、気を付けておきたいポイントがありますので、
詳しくご紹介したいと思います。

 

産毛は通常よりも脱毛回数が多い

まず、産毛は通常の太い毛よりも脱毛回数がかかるケースがあるということです。
医療レーザー脱毛やフラッシュ脱毛を行うと、最終的に残ってしまう毛は多くの
場合、細かい産毛です。レーザーに反応しにくい産毛は、抜け落ちるまでに
何度も熱処理をしなければなりません。しかし、無闇にレーザーの出力を上げて
しまうと火傷や毛嚢炎のリスクが高まってしまう為、慎重になる必要があります。

 

また、産毛には産毛の毛周期(毛の生え変わるサイクル)があり、太い毛よりも
成長サイクルが鈍いという特徴があります。その為、毛が生え揃うタイミングが
遅いため、必然的に脱毛処理の間隔が空くことを認識しておきましょう。

 

脱毛期間中に産毛は抜かない

産毛とはいえ、脱毛期間中に毛抜きで産毛を抜いてしまうと、毛周期が乱れて
しまい、産毛が再び脱毛できる程度に成長するまで時間がかかってしまいます。
しかも、産毛の毛周期は、通常の毛周期よりもゆっくりとしている為、成長する
までの時間がより一層かかってきます。脱毛期間中は、せいぜい皮膚表面の
毛をシェービングする程度にとどめておきましょう。

 

産毛が硬質化することがある

産毛の場合、レーザー照射の刺激によって硬質化するリスクがあります。硬質化とは、
細い毛が太くなる現象のことで、毛穴に対しての刺激などが主な原因と言われています。
硬質化した毛であっても脱毛することはもちろん可能ですが、余計に回数がかかる
可能性もありますので、ニードル脱毛でまとめて処理する選択もありです。

4: 産毛を脱毛できる脱毛ショップは?

 

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛で産毛を取り切れなかった方は、ニードル脱毛に
切り替えて、残った毛を集中処理することで安く済ませることができます。

 

ニードル脱毛を行っている大手メンズサロンを参考までにご紹介します。

 

店名 エリア 料金
メンズTBC 全国43店舗

「毛1本いくら」といった毛数に応じた料金システムがメインとなっています。

  • 毛800本プラン
    →93,640円(電気脱毛)
 ※別途、入会手数料16,200円
ダンディハウス 全国61店舗

「30分いくら」といった時間に応じた料金システムがメインとなっています。

  • 1回30分
    →7,875円
  • 1回60分
    →15,750円
  • 1回90分
    →23,625円
 ※別途、入会手数料31,300円

 

メンズTBCとダンディハウスは、メンズ脱毛創成期から営業しているエステサロンです。
大手メンズエステサロンとして、脱毛だけでなく男性の美容全般に関わるサービスを
提供しています。全国展開していますので、自宅近くの店舗が見つけやすいという
メリットもあります。

 

どちらもニードル脱毛に対応していますが、料金プランに違いがあることに注意です。
メンズTBCでは、「毛の本数」に対して料金チャージするプランとなっており、
ダンディハウスでは、「施術時間」に対して料金チャージするプランとなっています。
但し、どちらを選んでもそれなりの費用がかかることを承知しておく必要があります。

5: まとめ

 

いかがでしょうか。

 

産毛は、男性であればそれ程気にしない方のほうが多数派かもしれません。
その為、ツルツルを目指すのではなく、目立たない程度の脱毛でOKとするのであれば、
だいぶ費用も節約できます。

 

ご自身の予算を考慮して、ぜひ満足のゆく脱毛を行ってください。


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOPページへ ゴリラ脱毛の疑問一覧