髭脱毛はどれくらい痛い?※筆者体験談あり | ゴリラ脱毛分析サイト

髭脱毛はどれくらい痛い?※筆者体験談あり | ゴリラ脱毛分析サイト

髭脱毛はどれくらい痛い?※筆者体験談あり

 

ヒゲの脱毛を検討する上で、「ヒゲ脱毛ってどれくらい痛いの?」という
疑問は大いに気になるかと思います。

 

そこで、当ページでは、

 

「ヒゲ脱毛はどれくらい痛いのか?」
「ヒゲ脱毛で痛みを強く感じる人の特徴は?」
「ヒゲ脱毛の痛みを軽減させるケアは?」

 

といった気になる疑問について、丁寧に解説したいと思います。

 

 

 

 

1: ヒゲ脱毛はどれくらい痛いのか?

 

まず初めに、ヒゲ脱毛の痛みの真相からお伝えしたいと思います。

 

ヒゲ脱毛は正直痛い!?

「ヒゲ脱毛ってどれくらい痛いの?」という疑問について、管理人の経験から
率直に申し上げると、「ヒゲ脱毛は痛いっ!」と断言しておきます。

 

ヒゲ脱毛の痛みは私の主観だけでなく、大手クリニックも明言しています。

 

 

 

また、ヒゲ脱毛は多くの芸能人も受けているようですが、
ゴールデンボンバーのボーカル鬼龍院翔さんが赤裸々にヒゲ脱毛の
痛みを語っていましたので抜粋させて頂きます。

 

 

ブログの中で、「手持ち花火を押し付けられる感じ」という秀逸な表現を
していますが、脱毛クリニックのレーザー脱毛の痛みはまさにこの通りです!

 

このように、医療レーザー脱毛の痛みは自他共に認める痛さということを
まずは知って頂けたのではないでしょうか。
(メンズエステのフラッシュ脱毛はレーザー脱毛よりは痛みが軽くなります)

 

ヒゲ脱毛が痛い原因は?

そもそも、「なんでヒゲ脱毛ってこんなに痛いの?」という疑問が生じる方も
多くいるかと思うので、その原因についてご紹介したいと思います。
ヒゲ脱毛が全身脱毛の中でも痛みが強いのは、大きく3つの原因があります。

 

<ヒゲ脱毛が痛い3つの原因>

  • 毛が1本1本太いため
  • 顔は皮下脂肪が薄いため
  • 敏感肌の男性が多いため

 

ヒゲは1本1本が太いため

男性のヒゲは、最も毛1本1本が太い部位です。レーザー脱毛やフラッシュ脱毛では、
特殊なレーザーが毛根を焼き切っていきますので、毛が太ければ太いほど痛みを
強く感じるようになります。

 

顔は皮下脂肪が薄いため

顔面は他の部位よりも皮膚下の脂肪が薄い部分でもあります。太ももや腕など
皮下脂肪が比較的厚い部位は、脱毛の痛みを感じにくくなっています。一方、
ヒゲのように皮下脂肪が薄い部分は、痛みを感じやすくなります。

 

敏感肌の男性が多いため

男性の50%は敏感肌と言われています。敏感肌やアトピー肌などの男性は、
肌が強い男性よりも痛みを強く感じます。その為、レーザー照射時の熱に
肌が過敏に反応して、痛みを強く感じるケースがあります。

 

ヒゲの部位によって痛みに差がある!?

 

「ヒゲ脱毛は痛い!」と一概に言えど、ヒゲの部位によっても痛みには差があります。
ヒゲ脱毛の中でも、特に痛い部位トップ3は次の通りです。

 

第1位:鼻下

鼻下のヒゲは、毛が最も密集しており神経が多く通っている部分でもある為、
最も痛みを感じやすい部位です。毛抜きで抜いたことのある方はご存知かと
思いますが、顔面の中でも特別痛いです。

 

第2位:口下

口下も毛が密集している部分で、痛みを感じやすい部位と言えます。
特に、顎部分のヒゲは鼻下に負けず劣らずの痛みを伴います。

 

第3位:フェイスライン

顎先から耳後ろにかけてのフェイスラインは、皮膚が薄くなっている部分であり
痛みを感じやすい部分です。

2: ヒゲ脱毛の痛みは脱毛法によって異なる?

 

ヒゲ脱毛を行う場合、「フラッシュ脱毛」「レーザー脱毛」「ニードル脱毛」の3つが
選択肢として考えられますが、それぞれの脱毛法によって痛みには差があります。

 

簡単にまとめてみると、次のようになります。

 

<各脱毛法の痛さ>

フラッシュ脱毛 レーザー脱毛 ニードル脱毛
あまり痛くない 痛い かなり痛い
ゴムパッチン程度 花火を押し付ける感じ 麻酔無しでは不可

 

フラッシュ脱毛

フラッシュ脱毛は、メンズエステサロンで主に採用されている脱毛法です。
低出力のレーザー脱毛器を使用して、肌に負担をかけずに脱毛を進めていく為、
レーザー脱毛よりも痛みは少ないのが最大の特徴です。麻酔処置なしでも
脱毛できる程で、痛みを例えるなら「輪ゴムで軽く弾いた程度」となります。

 

レーザー脱毛

レーザー脱毛は、クリニックや皮膚科で採用されている脱毛法です。
医療行為であるため、医療機関以外で実施することはできません。
レーザー脱毛は、フラッシュ脱毛よりも高出力のレーザー脱毛器を使用する為、
痛みは比較的強いのが特徴です。痛みを例えるなら「花火を押し付ける感じ」です。
痛みを我慢できない場合は、施術時に麻酔処置を受けることもできます。

 

ニードル脱毛

ニードル脱毛は、主にメンズエステサロンで採用されている脱毛法です。
特殊な針を毛穴に差しこみ電気を流して熱処理するため、脱毛効果は
極めて高いとされています。しかし、他2つの脱毛法と比べてかなりの痛みを伴う為
敏感肌の男性は、できれば避けておきたい脱毛法です。

3: ヒゲ脱毛で痛みを強く感じる人の特徴は?

 

ヒゲ脱毛は、人並み以上に痛みを感じる方も一部います。
そのような人は、次のような特徴があります。

 

<痛みを感じやすい人の特徴>

  • 日焼けしている
  • 肌がカサカサ
  • 毛量が多い

 

日焼けしている

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛で使用されるレーザーは、毛根のメラニン色素(黒)に
反応して、照射熱で毛細胞を破壊します。この時、肌が日焼けしていたり、肌が
体質的に浅黒い方は、レーザーが反応してしまい肌がピリッと痛み場合があります。
逆に、色白の男性はレーザーが全く反応しない為、肌そのものに痛みを感じることは
極めて少ないと言えます。その為、ヒゲ脱毛期間中は、マスクや帽子を忘れずに被り
紫外線から顔を守るように心掛けるようにしましょう。

 

肌がカサカサ

肌の水分量も、ヒゲ脱毛の痛みに関係してきます。肌が潤っていると、肌の弾力性に
よってレーザーによる刺激が吸収されるため、痛みを感じにくくなります。一方で、
肌が乾燥してカサカサの状態になっていると、レーザー光の熱に肌が敏感になってしまい
必要以上に痛みを感じやすくなります。また、乾燥していると、火傷などの肌トラブルが
起こるリスクも上がるため、施術そのものが中止となってしまうケースもあります。
その為、ヒゲソリ後や入浴後だけでなく、こまめに顔を保湿することが重要です。

 

毛量が多い

ヒゲの密集具合も、ヒゲ脱毛の痛みに関係します。ヒゲが密集して生えている人ほど、
レーザーの熱量が分散されてしまうので、痛みを広範囲に感じやすくなります。
特に、「青ヒゲ」レベルに髭が広範囲に生えている男性は、毛1本1本の毛根も
太いので、それなりの痛みを覚悟しなければなりません。一方、ヒゲがまばらな人は、
レーザーの熱も集中する為、痛みは軽く済みます。クリニックでは麻酔も使用できるので
ヒゲ脱毛の痛みに耐えられない方は、スタッフに相談するとよいでしょう。

4: ヒゲ脱毛の痛みを軽減させるケアは?

 

ヒゲ脱毛の痛みは、麻酔の効き具合や、施術スタッフの腕にも左右されますが、
施術前後の心掛けによって、痛み具合が変わってきます。
ここでは、施術前後に自身でできる対策についてご紹介ししておきます。

 

施術前

 

脱毛する前日には、次のようなことを心掛けましょう。

 

  • コーヒー、お茶を控える
  • カフェインを含む飲料は、交換神経を活発にして痛みを増長させます。

  • アルコールを控える
  • アルコール飲料も、交換神経を過敏にして痛みを増長させます。

  • 十分な睡眠をとる
  • 緊張やストレスは神経を過敏にして痛みを増長させます。

 

施術後

 

当日、脱毛後には次のようなことを心掛けましょう。

 

  • 患部をいじらない
  • 脱毛した部位は基本的に触りません。気になる場合は、スタッフに相談を。

  • 患部を冷やす
  • 帰宅後、患部を冷やし安定させます。当日は、シャワーで済ませましょう。

  • 軟膏を塗る
  • 処方されたクリームを患部にしっかりと塗るようにしましょう。

 

日頃から気を付けておきたい事

 

脱毛施術の前後だけでなく、脱毛期間中は日頃から気を付けたいこともあります。
脱毛期間を短くすることにも繋がりますので、ぜひ実践してみてください!

 

  • 日焼けしない
  • 日焼けとは軽度の火傷状態のことを指します。その為、日焼けしていると肌が敏感になり脱毛時の痛みを高めるばかりか、施術事態を中止するケースもあります。日頃からしっかりと肌を保護するようにしましょう。

  • 肌を保湿する
  • 脱毛期間中は、レーザー脱毛の影響によって肌が乾燥しやすくなっています。こまめに肌を保湿することで、次回の施術では脱毛効果が高まるだけでなく、痛みを和らげることができます。

  • ヒゲを抜かない
  • 毎日のシェービングは特に問題ありません。しかし、ヒゲを毛抜きで抜いてしまうと、毛周期が乱れて脱毛が遅れてしまうことに加えて、毛穴から雑菌が入り炎症を起こす可能性があります。

5: ヒゲ脱毛の痛みは最新機器で軽減できる?

 

「医療レーザー脱毛は痛いもの」というのが、脱毛業界では常識とされていましたが、
近年ではレーザー脱毛器も格段に進化したことで、脱毛時の痛みをかなり軽減した
最新の脱毛マシーンも登場しました。

 

代表的な最新マシーンとしては、「メディオスター(シリーズ)」があります。
メディオスターは2013年頃から大手クリニックで採用され始めたレーザー脱毛器で、
従来の「痛みを伴う脱毛」から脱却する為に開発された最新機です。

 

旧型の脱毛マシーンが「毛根を焼く」という仕組みだったのに対して、メディオスターでは
「発毛因子(バルジ領域)を破壊する」という仕組みに変わっているため、毛根を熱で
焼き切る時の痛みがなくなります。麻酔を使用せずに脱毛できる程の痛みなので、
麻酔が効きづらい人や敏感肌人でも安心して脱毛できるよです。

 

現在は、ゴリラクリニックや湘南美容外科などの一部大手クリニックがメディオスターを
導入しており、メディオスターを使用したヒゲ脱毛回数無制限コースも用意しています。
メディオスターは現在バージョンアップして「メディオスターNextPro」が最新となっており
今後も更なる進化が期待されています。

6: まとめ

 

いかがでしょうか。

 

ヒゲ脱毛はクリニック・メンズサロンどちらで脱毛を行うにせよ、
それなりの痛みは伴います。しかし、脱毛した分のメリットは得られますので、
ぜひ前向きに考えることをオススメします。


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOPページへ ゴリラ脱毛の疑問一覧