髭脱毛でよく起こるトラブルとは!? | ゴリラ脱毛分析サイト

髭脱毛でよく起こるトラブルとは!? | ゴリラ脱毛分析サイト

髭脱毛でよく起こるトラブルとは!?

 

ヒゲ脱毛は年々需要が高まっており、多くの新規店も参入しています。
しかし、一部の店舗では施術や契約をめぐるトラブルも発生しています。
そこで、当ページでは

 

「火傷によるトラブル」
「痛みによるトラブル」
「返金によるトラブル」

 

といった点について、詳しく解説します。

 

 

 

 

1: 火傷によるトラブル

 

ヒゲ脱毛を受けるうえで、よくあるトラブルが火傷に関わるトラブルです。
消費者生活センターへの相談件数も今ではだいぶ減りつつありますが、
数年前までは、火傷のトラブル件数が第1位を占めていました。

 

そんな火傷トラブルのケースについてご紹介しておきます。

 

<火傷のトラブル>

  • 水ぶくれ・ミミズ腫れのトラブル
  • 毛嚢炎によるトラブル
  • 日焼けによるトラブル

 

水ぶくれ・ミミズ腫れのトラブル

クリニックや皮膚科で使用されている医療用レーザー脱毛器は、厚生労働省の認可を
クリアした製品であるため安全性なお墨付きですが、火傷を引き起こすことがあります。
特に、レーザーの出力を高くすると脱毛効果がアップする反面、レーザー光の照射熱が
上昇し、火傷しやすくなります。火傷が酷い場合、水ぶくれやミミズ腫れといった症状に
なるケースもありますので、火傷のリスクをよく確認する必要があります。

 

毛嚢炎によるトラブル

毛嚢炎とは、脱毛や剃毛などによって肌がダメージを受けた際に、毛穴から細菌が
侵入することで炎症を起こす症状です。ニキビと似た赤いブツブツの症状となるため、
勘違いしやすいですが、毛嚢炎はブドウ球菌がという細菌によって引き起こされます。
軽度の毛嚢炎であれば、肌を清潔にしておくことで自然治癒しますが、重症の場合は
軟膏や内服薬によって治療するケースが多いです。

 

日焼けによるトラブル

日焼けとは軽度の火傷状態のこと指します。その為、日焼けした肌はメラニン色素が
濃くなっているため、レーザーの光が反応してしまい重症化するケースがあります。
最近は、日焼けした肌であってもレーザー脱毛が行える最新機種も登場しましたが
いづれにせと日焼けをすることで火傷のリスクは確実に上昇する為、脱毛期間中は
肌を焼く行為は基本的にNGです。

2: 痛みによるトラブル

 

レーザー脱毛による痛みに関するトラブルもよく報告されています。
ここでは、痛みのトラブルについて詳しくご紹介したいと思います。

 

<痛みのトラブル>

  • 医療レーザーによる痛み
  • 麻酔が効きにくいことによる痛み
  • 体質的に感じやすい痛み

 

医療レーザーによる痛み

医療機関で行う医療レーザー脱毛では、レーザー光を毛根に集中させて焼き切る為、
強い痛みを伴います。特に、最も多く使用されているアレキサンドライトレーザーは、
強い出力で毛細胞を破壊することができますが、痛いことで有名です。その為、
ここ数年で、アレキサンドライトレーザーより痛みが軽いことに加え脱毛効果も高い
ダイオードレーザー脱毛器を採用するクリニックも増えています。

 

麻酔が効きにくいことによる痛み

医療レーザー脱毛は痛みが強いため、麻酔によって痛みを軽減する処置を取ります。
多くの場合、即効性があり安全な「笑気麻酔」というガスタイプの麻酔を吸引し、
全身麻酔を行うことで痛みに対する感覚をニブくします。しかし、笑気麻酔の効果は
個人差があるため、麻酔をしても痛みが軽くならないタイプの人も稀にいます。
その場合、永久脱毛そのものを諦めるか、痛みの軽いエステでのフラッシュ脱毛に
切り替えるケースが一般的です。

 

体質的に感じやすい痛み

医療レーザー脱毛の痛みは、肌の状態にも大きく影響されます。特に重要なのが
肌の保湿状態です。肌が潤っている人は、肌に弾力がある為レーザーの痛みを
うまう吸収してくれます。一方、肌がカサカサに乾燥している人は、肌がレーザーの
刺激をモロに受けてしまい、必要以上に痛みを感じてしまう傾向にあります。
そのため、乾燥肌の人は日頃から保湿をしっかりと行い、肌がレーザー脱毛に
適した状態にキープすることが重要です。

 

 

 

3: 返金によるトラブル

 

店舗で脱毛を行った人の中には、解約や退会をする際に返金トラブルに会った
方も少なからずいます。ここでは、返金トラブルに関して詳しくご紹介します。

 

<返金のトラブル>

  • 中途解約時に返金されない
  • クーリングオフしたのに返金されない
  • サロンが倒産して返金されない

 

中途解約時に返金されない

返金をめぐるトラブルで最も多いのが、中途解約時に返金されないケースです。
これは、回数コースで契約を行い、料金を一括払いした場合に想定されます。
脱毛コースのの契約を行う場合、契約書面に署名することになりますが、
この時に中途解約に関する返金ルールをしっかりと確認することが重要です。
基本的に、契約者側の個人的な都合で、無条件に解約&返金してもらう
ことは難しいので注意が必要です。

 

クーリングオフしたのに返金されない

クーリングオフとは、消費者が不利な条件によって契約をした時に、一定期間内であれば
無条件で返金を受けられる制度です。通常は、訪問販売や電話販売などの特殊な
状況での不正契約によく適用される制度ですが、場合によってエステサロンやクリニックで
適用されるケースもあります。その場合、「消費者が納得しないまま契約を行った」という
事実が必要で、消費者が署名などを行い納得した上で契約した場合はクーリングオフを
主張できないので注意が必要です。

 

サロンが倒産して返金されない

通っていたサロンが倒産してしまい、回数コースを消化しないまま強制退会となってしまう
ケースが過去にありました。これは、一部サロンがレーザー脱毛の資格を持たないにも
かかわらず、違法にレーザー脱毛器を使用して摘発されたケースが代表例です。
知名度のある大手クリニックやメンズサロンであれば急に倒産する可能性は極めて
小さいですが、個人経営や小規模サロンで脱毛を行う場合は注意が必要です。

4: まとめ

 

いかがでしょうか。

 

せっかくヒゲ脱毛を行うのであれば、トラブルなく気持ちよく施術を受けたいですよね。
当サイトでは、ヒゲ脱毛に関わるお役立ち情報も掲載していますので、
ぜひ一度目を通していただき脱毛の不安を解消してください!


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOPページへ ゴリラ脱毛の疑問一覧